母子交尾 【日光白根路】 七海祐希(動画番号:bkd00225)


七海祐希は夫と離婚して息子の裕太と離れて暮らしていた。当時まだ若かった二人は愛する者と離される現実を受け入れられず、いつしかお互いを想う気持ちは愛情とはかけ離れた異常なものへと変化していった。そんなある日、祐希の元夫が亡くなり二人は数年ぶりに再会するのだった。

作品の詳細(商品番号:bkd00225)

出演女優 七海祐希
撮影監督 辻甲二
メーカー ルビー
レーベル 旅路
シリーズ 母子交尾
商品価格 300円~
商品番号 bkd00225
配信開始 2019-10-13 10:00:00
ジャンル

『母子交尾 【日光白根路】 七海祐希』を見た感想

  • [22-09-29] 最高 綺麗な体
    七海祐希の綺麗な体が良かった。オッパイも小ぶりだが美乳だった。
    セリフは棒読みでかなりの大根なのが惜しまれる。


  • [22-06-13] 最高 今さらながら引退が惜しまれる逸材
    夫と離婚して、息子「裕太」を奪われた「七海祐希」。
    だが、元夫が事故死して、裕太と日光の駅前で再会。
    宿をとってあるのと誘う。
    鬼怒川の河川敷で、裕太はここで溺れかけたことがあるのよと話しかけるが、覚えてないと返される。
    宿の客室で、あの人には悪いけど、裕太が戻ってきてくれて夢みたいだと感激。「可愛い」と頭を撫でる。口づけして抱きしめる。「逞しい」とTシャツの裾に手を挿れる。「裕太の体をもっと見たい」とTシャツを脱がして乳頭をいじる。ジーパンを脱がして股間をまさぐり、乳頭をねぶる。
    カーディガンとワンピースを脱ぐ。下着姿を褒められて喜ぶ。ボクサー・ブリーフを脱がし、即尺して喉射。
    衰えを見せない男根を手コキ、吸茎してまた喉射。掌に戻した白濁液を指ですくって舐める。「おいしい」と笑って、べろキス。
    風呂に向かう裕太に、傷つけてしまったかと不安になる。
    全裸で露天風呂に入り、いけないことをしちゃってごめんねと背中に謝る。
    僕もお母さんのことを想っていたから、嬉しかったと告白される。本当は、溺れてお母さんに助けられたことも、一緒に暮らしていたときのことも、全部覚えていると打ち明けられる。お父さんは僕に命令するだけだった、本当に僕を愛してくれたのはお母さん1人だって気づいた、それからずっとお母さんのことを想っていたと吐露される。
    「お母さんさえよければ、いいよ……僕も、お母さんと……」と振り向かれて、舌を絡める。裸体を観られて、尻を揉まれる。乳をしだかれて、うなじや耳朶をねぶられる。乳首を吸われて、指マン、舐陰。乳頭や陰茎をしゃぶって、手コキ。バック、前座位、正常位で中出し。
    客室の布団で、僕はお母さんのそばにいられるだけでいいって思っていたけど、お母さんがそれ以上に僕を想ってくれたから、と話しかけられる。私が裕太を想うほど、裕太は私を好きじゃないのと訊くが、そんなことはないと否定される。
    じゃどっちの気持ちが強いか勝負よと、べろキスして乳頭をねぶる。浴衣の衿をはだけられて胸を揉まれる。ブラを外されて乳首を吸われる。半幅帯と腰紐を解かれて浴衣を脱がされ、股間をまさぐられる。ショーツを脱がされて指マン。吸茎して、69。正常位、対面騎乗位、背面騎乗位、後背位で膣内射精。
    鬼怒川のほとりで、死んだお父さんには悪いけど、お母さんと一緒にいられてよかったと言われる。喜んで舌を絡める。


  • [20-01-27] 最高 七海祐希、めっちゃ好み!!
    七海祐希の顔がどストライクで、オッパイの形がよくて、乳輪や乳首の色がきれいで、尻が大きく形がよくて、マン毛が薄くて、めちゃめちゃ好みのタイプです。だから、少々のことは何でも許せちゃうのです。たしかに男優も女優もセリフ棒読みで、演技力は無いし、男優の顔が汚いです。また、中出しも疑似です。でもそんなことを許容してしまうほど、七海祐希がいいんです。
    フェラ抜きと2回の本番で構成されていますが、中間の温泉での絡みがお勧めです。



新着アダルト商品情報

タイトルとURLをコピーしました